人と仕事を知る オランダ子会社 営業 高安 秀典

業務の概要:トレンドの変化を見逃さず常に市場に適応、さらに先を見越してアプローチし、提案していきます。

弊社の製品は世界各地域において、工業用途では主に樹脂添加剤など、医薬用途では制酸剤や賦形剤などの販売実績があります。弊社グループ全ての製品をEMEA(Europa, Middle East, Africa)地域において扱い、各市場・顧客のニーズに耳を傾け、弊社グループ内で最適な製品を選定して提案します。

KISUMA CHEMICALS B.V.(オランダ)営業担当:高安 秀典 Profile:Kisuma Chemicals B.V.(オランダ)に出向し、弊社グループ製品のマーケティング業務と販売業務を担当

メーカーとしての”こだわり”をはっきりと持った会社です。

協和化学工業はどのような会社風土ですか?

協和化学工業はメーカーとしての”こだわり”をはっきりと持った会社です。創業以来70年近く一貫してマグネシウム関連製品を製造販売してきました。弊社製品は新しいビジネスが成立すると一度販売して終わりではありません。中には何十年も同じ商品での取引が続くケースもあります。安定した品質の製品を提供することにおいて一切妥協はありません。これは販売において一つの大きなアピールポイントになります。日本のものづくりに対する精神は世界で認められていますが、協和化学工業においてもその精神は培われていると自負しています。社員全員がそのことを誇りに思い、また受け継いでいこうとする強い意志をもった会社です。

人との関わり、その大切さを日々実感できる仕事です。

現在、担当されている仕事内容についてなるべく詳しく教えてください。

私の現在の業務内容はEMEA(Europa, Middle East, Africa)地域における、弊社グループ製品のマーケティング業務と販売業務です。弊社製品は工業用途においては主に樹脂添加剤として、医薬用途においては制酸剤や賦形剤として世界各地域で実績があります。それぞれの市場・顧客のニーズに耳を傾け、最適な製品を選定して提案しています。いずれの市場でもコモディティ化が進み、一つの製品ライフサイクルが短くなる昨今において、トレンドの変化を見逃さず、常に市場に適応、または先を見越したアプローチをすることが必要です。そのために最も大切なことは常に顧客ニーズに関心を持ち、積極的にお客様と関わることで活きた情報を収集していくことです。人との関わり、その大切さを日々実感しています。

仕事の中で感じる、やりがい・むずかしさを教えてください。

この仕事は努力がすぐに実を結ぶ仕事ではありません。目に見える成果が得られるまでは時間と手間がかかることの方が多いと思います。また一人でなんでもしようとするのではなく、自分の役割を自覚し、他部署との連携を図りながらものごとを進めていきます。それでも一つのビジネスが動き出した時のやりがいは大きく、その喜びは共有できるものです。会社内で力を合わせれば新たなマーケットを作っていく取組みも可能です。

オランダ子会社営業の業務

業務フロー

世界を網羅するグローバルな視点を持って仕事に臨めるところが魅力。

協和化学工業の社員としての、この仕事の魅力は?

日本をはじめ、アジア、ヨーロッパ、アメリカにも拠点があり、世界を網羅するグローバルな視点を持って仕事に臨むことができます。海外の異なる文化や商慣習を持った同僚たちと常に“協和化学工業グループの成長”という共通の目標を持ち、意見交換を繰り返しながら仕事を進めていく経験は、弊社の様にグローバルな規模での発展を目指す会社ならではと感じています。

協和化学工業をアピールしたいポイントは?

協和化学工業の製品は人や地球環境に優しい製品です。
独自技術の追求と併せてエコフレンドリーな姿勢も当社の重要なモットーだと思います。

このページの先頭へ